ケムリ研究室no.2
「砂の女」

原作:安部公房
上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
音楽・演奏:上野洋子 振付:小野寺修二 

★『砂の女』東京公演に関するお知らせ(2021.8.2公開)
詳細はこちら

CAST&STAFF

出演者
緒川たまき
仲村トオル

オクイシュージ
武谷公雄
吉増裕士
廣川三憲

スタッフ:
美術:加藤ちか 照明:関口裕二 音響:水越佳一  映像:上田大樹 大鹿奈穂
衣装:伊藤佐智子 ヘアメイク:宮内宏明 
演出助手:山田美紀 舞台監督:福澤諭志

宣伝美術:チャーハン・ラモーン 宣伝撮影:福山楡青
宣伝衣装:伊藤佐智子 宣伝ヘアメイク:山本絵里子 印刷:エーゼット

プロデューサー:高橋典子
制作:川上雄一郎 瀬藤真央子 重松あかり
票券:北里美織子 石幡奈津子 広報宣伝:米田律子 福本晋太郎
製作:北牧裕幸

企画協力:ラウダ
協力:KITTO ヘリンボーン ダックスープ

THEATER&SCHEDULE

東京公演

開演時間8/22(日)8/23(月)8/24(火)8/25(水)8/26(木)8/27(金)8/28(土)8/29(日)8/30(月)8/31(火)9/1(水)9/2(木)9/3(金)9/4(土)9/5(日)
13:00
18:00
会場情報
公演日:
2021年8月22日(日)〜9月5日(日)
※開場は開演の30分前です。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※♦︎=9月1日(水)昼夜公演は収録のため客席にカメラが入ります。
※車椅子でのご来場は事前にキューブまでご連絡ください。
※新型コロナウイルス感染予防のため、ご来場前に必ずキューブHPにてご観劇に際してのお願いを ご確認ください。
料金:
チケット料金:8,800円(前売当日共/全席指定・税込)
学生割引券★:5,500円(チケットぴあ前売のみ取扱・税込)
★当日の開場時間から受付にて学生証提示の上、指定席券と引き換えます。座席はお選びいただけません。トラムシート(半お立見席)、見えづらいお席のご案内になる可能性がございますので予めご了承くださいませ。

チケット一般発売=7月17日(土)

<チケット取扱>
●チケットぴあ
https://w.pia.jp/t/sunanoonna/
0570-02-9999(Pコード:506-872)

●イープラス 
https://eplus.jp/kemuri_no2/

● ローソンチケット
https://l-tike.com/kemuri-no2/
(Lコード:32900)
※チラシに情報掲載しておりますが、今回ローソン・ミニストップ店内Loppiでの店頭販売の取扱はございません。
予めご了承くださいませ。

※世田谷パブリックシアターチケットセンター、オンラインチケットでの取り扱いはございません。
会場名:
シアタートラム
住所:
〒154-0004
東京都世田谷区太子堂4-1-1GoogleMapで見る
お問い合わせ:
キューブ 03-5485-2252(平日12:00〜17:00)

■託児サービスのご案内(定員有・要予約)
・ご希望日の3日前の正午までに世田谷パブリックシアター 03-5432-1526(10:00~19:00)へお問い合わせください。
・料金:2,200円
・対象:生後6ヶ月以上9歳未満(障害のあるお子様についてはご相談ください)
※定員になり次第締め切らせていただきます。お早めにご予約ください。


文化庁 大規模かつ質の高い文化芸術活動によるアートキャラバン事業

企画・製作=キューブ

兵庫公演

開演時間9/9(木)9/10(金)
13:00
18:00
会場情報
公演日:
2021年9月9日(木)〜9月10日(金)
料金:
チケット料金:A席 8,500円  B席 5,500円(全席指定・税込)
チケット一般発売日:7月17日(土)
会場名:
兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
住所:
GoogleMapで見る
お問い合わせ:
芸術文化センターチケットオフィス
0798-68-0255 (10:00-17:00月曜休み ※祝日の場合翌日休み)

主催:キューブ/兵庫県/兵庫県立芸術文化センター 
協力:リコモーション

『砂の女』上演にあたって

ケムリ研究室にとって『砂の女』はある種の憧れに満ちた題材です。
絡めとられた男、絡めとった女、欲望剥き出しの村人たち、そして砂-。強烈なイメージの数々。
安部公房氏の長編小説『砂の女』が、読者のその後の空想の中で自由に育ち続けているように、ケムリ研究室による舞台『砂の女』もまた、妄想と実験精神たくましく育てあげる所存です。
刺激的な時間をご来場の皆様とご一緒に過ごせることを楽しみにしています。

ケムリ研究室
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
緒川たまき


<ケムリ研究室とは?>
劇作家、演出家、音楽家のケラリーノ・サンドロヴィッチと女優・緒川たまきが2020年に始動させた演劇ユニット。企画、キャスティング他、多くのパートを二人三脚で担う。旗揚げ公演は同年9月『ベイジルタウンの女神』(世田谷パブリックシアター他)。本作『砂の女』は第二回公演にあたる。




▼チラシ画像はこちら

▼コメントムービーはこちら
●上演台本・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ


●緒川たまき

●仲村トオル