ARTISTアーティスト

ケラリーノ・サンドロヴィッチKERALINO SANDOROVICH

CUBE

ケラリーノ・サンドロヴィッチKERALINO SANDOROVICH

CUBE

生年月日
1963年1月3日
出身地
東京都
血液型
A型
ナイロン100℃ HP

来歴

1982年、ニューウェイヴバンド「有頂天」を結成。
またインディーズ・レーベル「ナゴムレコード」を立ち上げ、70を超えるレコード・CDをプロデュースする。
並行して1985年に「劇団健康」を旗揚げ、演劇活動を開始。1992年解散、1993年に「ナイロン100℃」を始動。
1999年『フローズン・ビーチ』で第43回岸田國士戯曲賞を受賞、現在は同賞の選考委員を務める。
演劇活動では劇団公演に加え、「KERA・MAP」「ケムリ研究室」などのユニットも主宰するほか、外部プロデュース公演への作・演出も多数。受賞歴多数。

映像活動では、自身の企画である『怪奇恋愛作戦』(シリーズ監督、脚本)が2015年テレビ東京系連続ドラマ(全12話)として放送された。
また初監督映画『1980』(03)から映画界にも参入。
『おいしい殺し方』(06)、大槻ケンヂ原作『グミ・チョコレート・パイン』(07)、『罪とか罰とか』(09)の脚本・監督、
また『北の桜守』(18)では映画中演劇シーンの演出をつとめた。

音楽活動では、ソロ活動のほか、2014年に再結成されたバンド「有頂天」や、「ケラ&ザ・シンセサイザーズ」でボーカルを務める。
2013年には鈴木慶一氏とのユニット「No Lie-Sense」を結成、ナゴムレコード設立30周年を機に鈴木氏と共同で新生ナゴムレコードをスタート。
2015年には「有頂天」を再始動、各種ユニットによるライブ活動や新譜リリースも精力的に続行中。
2008年から開催している犬山イヌコとのトークライブ「INU-KERA」は隔月ペースで欠かさず続行中。

MORE...

PICK UP!最新情報

  • 【イベント】

    ・生誕60周年記念art show「松尾スズキの芸術ぽぽぽい」
    松尾スズキトークセッション〜生きちゃってどうしよう60〜 松尾✕KERA 電気ロッカーは、スピーカーに足を乗せる夢を見る
    2023年12月14日(木) スパイラルホール(スパイラル3F)
    18:30開場 19:00開演
    詳細はこちらから https://otonakeikaku.net/2023_matsuo60/

  • 【音楽】

    ・アルバム『現在地』
     2023年3月リリース
     限定盤CD お求めはこちらから https://kemcom.base.ec/

  • 【LIVE】

    ・トークライブ「INU-KERA vol.93」
    12月10日(日)19:00 新宿ロフトプラスワン
  • 【書籍】

    ・『ケラリーノ・サンドロヴィッチ自選戯曲集1 ナイロン100℃篇』
    ・『ケラリーノ・サンドロヴィッチ自選戯曲集2 昭和三部作篇』


     早川書房より発売中
     サイン入りはこちらでお求めいただけます
      → 自選戯曲集1 ナイロン100℃篇
      → 自選戯曲集2 昭和三部作篇

    ・「世界は笑う」 論創社より発売中
     お求めはこちらから
     https://store.cubitclub-plus.com/product/detail/?id=CU-CU-0767-1

BIOGRAPHYメディア/出演情報

  • THEATER
  • MOVIE
  • TV
  • CD
  • LIVE
  • MAGAZINE/BOOK
  • OTHER
THEATER

    ::: 劇作家・舞台演出家として :::
    ナイロン100℃としての活動はこちら

    1985年
    『劇団健康』を犬山犬子(現・犬山イヌコ)、みのすけ、田口トモロヲらと旗揚げ。以降、ほとんどの作品の作・演出を務める

    1989年
    ワハハ本舗佐藤正宏、柴田理恵プロデュース公演「ラブ・ストーリー2」(4本立て)の内の 1本に作家として参加

    1991年
    品行方正児童会番外公演「もう一歩」(作・前川麻子)演出

    1992年
    フロント・ホック公演「地球を7回半廻れ」に作家として参加
    劇団健康解散(本公演13回、プロデュース公演10回)

    1993年
    アルバムリリース記念イベント「TOKYO POCUPINE COLLECTION」の構成・演出・脚本
    8月、演劇ユニット『ナイロン100℃』結成(現在も活動中)

    1995年
    タレント宮前真樹の「宮前真樹 Second Live Tour “蒼の瞬間”」構成・演出

    1996年
    「ラフカット’96」(スペース・ゼロ)4作品の1本に作家として参加(’02年に再演)

    1999年
    ENBUゼミ第1期生ケラリーノ・サンドロヴィッチクラス公演「昔、佐藤がいた。」作・演出
    「清水宏のサタデーナイトライブスペシャル2」演出
    「フローズン・ビーチ」で第43回岸田戯曲賞受賞

    2000年
    流山児★事務所「Happy Days」(作:鐘下辰男)演出
    ENBUゼミ第2期生ケラリーノ・サンドロヴィッチクラス公演「ガール ミーツ ガール〜愛と幸福の害について〜」作・演出
    「ナイス・エイジ」で東京都千年文化芸術祭優秀作品賞受賞
    「ラフカット2000」4作品中「スモーク」作・演出、「夢ならいいのに」(作:矢口史靖)演出
    長田奈麻プロデュース公演Cherry Bonbers project「The Cherry Bonbers」2本中1本作

    2001年
    東京乾電池の広岡由里子と新ユニット『オリガト・プラティコ』を立ち上げ。
    オリガト・プラティコVol.1「カフカズ・ディック」作・演出
    青山円形劇場プロデュース公演「室温〜夜の音楽〜」
    作・演出(第5回鶴屋南北戯曲賞/第9回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞)
    新ユニット『KERA・MAP』を立ち上げ。
    KERA・MAP「暗い冒険」作・演出

    2002年
    NHK教育「芸術劇場」内“小劇場トークスペシャル”出演
    ANB「D’s Garage」ゲスト
    ラサール石井プロデュース「パンタロン同盟SP〜夏が来れば重いだス!〜」コント提供
    空飛ぶ雲の上団五郎一座「アチャラカ再誕生」
    BS日テレ「BS11PM」ゲスト出演

    2003年
    パルコ・キューブ提携公演「SLAPSTICKS」作・演出
    ヴィレッヂプロデュース「1989」原作
    明治座公演「さくら」演出
    KERA・MAP #002「青十字」作・演出
    NHK教育「トップランナー」出演
    オリガト・プラスティコ「西へ行く女」(作:岩松了)演出

    2004年
    「カメレオンズ・リップ」作・演出
    NHKBS2「テント2004 公園通りで会いましょう」出演
    トム・プロジェクトプロデュース「狐狸狐狸ばなし」(作:北條秀司)演出
    空飛ぶ雲の上団五郎一座「キネマ作戦」
    NHK-BS2「週刊なびTV」ゲストコメンテーター
    竹中直人の匙かげん「唐辛子なあいつはダンプカー!」作

    2005年
    NYLON100℃若手公演「すなあそび」(作:別役実)演出
    「コミュニケーションズ-現代作家たちによるコント集-」コント集の1本作
    KERA・MAP#003「砂の上の植物群」 作・演出
    AGAPE store「仮装敵国」〜Seven 15minutes Stories〜7本中1本作
    KERA・MAP#004「ヤング・マーブル・ジャイアンツ」作・演出
    劇団健康 VOL.15「トーキョーあたり」作・演出
    Cherry Bombers project 02「The Cherry Bombers Strikes Back」脚本参加(吉増裕士と共作)
    流山児★事務所「音楽劇★SMOKE〜Long Version〜」作・音楽

    2006年
    親族代表「3」脚本提供
    「労働者M」作・演出
    志村けん一座旗揚げ公演「志村魂」脚本参加
    シス・カンパニー公演「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」(作:エドワード・オルビー)演出
    (第14回読売演劇大賞最優秀作品賞受賞)
    パルコ・プロデュース公演「噂の男」(作:福島三郎)演出
    オリガト・プラスティコ「漂う電球〜THE FLOATING LIGHT BULB〜」(作:ウディ・アレン)演出

    2007年
    シス・カンパニー公演「禿禿祭」演出・構成
    トム・プロジェクトプロデュース「狐狸狐狸ばなし」(作:北條秀司)演出
    cube presents「犯さん哉」作・演出

    2008年
    「どん底」(原作:マクシム・ゴーリキー)上演台本・演出
    KERA・MAP「あれから」作・演出

    2009年
    オリガト・プラスティコ「しとやかな獣」演出
    さいたまゴールド・シアター「アンドゥ家の一夜」脚本(演出:蜷川幸雄)
    親族代表「渋々」脚本提供
    Bunkamura20周年記念企画「東京月光魔曲」作・演出

    2010年
    シスカンパニープロデュース「2人の夫とわたしの事情」上演台本・演出
    「黴菌」作・演出

    2011年
    cube present「奥様お尻をどうぞ」(作・演出)

    2012年
    オリガトプラスティコ「龍を撫でた男」演出(作:福田恆存)
    シアターコクーンオンレパートリー2012+キューブ「祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜」作・演出

    2013年
    KERA meets CHEKHOV vol.1/ 4「かもめ」演出

    2014年
    青山円形劇場プロデュース「夕空はれて~よくかきくうきゃく」演出(作:別役実)

    2015年
    KERA meets CHEKHOV vol.2 / 4「三人姉妹」演出
    せたがやこどもプロジェクト2015「子どもとおとなのための◎読み聞かせ『お話の森』」監修
    KERA・MAP #006『グッドバイ』脚本・演出

    2016年
    cube presents「ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~」 作・演出
    シアターコクーン・オンレパートリー+キューブ2016「8月の家族たち-August:Osage County-」上演台本・演出
    世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#007「キネマと恋人」 台本・演出

    2017年
    シアターコクーン・オンレパートリー2017+キューブ20th,2017『陥没』作・演出
    シス・カンパニー KERA meets CHEKHOV Vol.3/4 「ワーニャ伯父さん」上演台本・演出

    2018年
    KERA・MAP #008『修道女たち』作・演出

    2019年
    シス・カンパニー公演『LIFE LIFE LIFE ~人生の3つのヴァージョン~』上演台本・演出
    世田谷パブリックシアター+KERA・MAP#009『キネマと恋人』(再演)台本・演出
    KAAT神奈川芸術劇場プロデュース『ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~』作・演出

    2020年
    シス・カンパニー KERA meets CHEKHOV Vol.4/4 『桜の園』上演台本・演出 *上演中止
    cube presents『欲望のみ』作・演出 *上演中止
    『PREAFTERCORONASHOW』構成・総合演出
    ケムリ研究室 no.1『ベイジルタウンの女神』作・演出

    2021年
    ケムリ研究室 no.2『砂の女』上演台本・演出

    2022年
    COCOON PRODUCTION 2022+CUBE 25th PRESENTS,2022「世界は笑う」作・演出
    KERA・MAP #010「しびれ雲」作・演出

MOVIE

    ::: 監督作品:::

    2003年
    「1980」監督・脚本

    2006年
    「おいしい殺し方-劇場版-」監督・脚本

    2007年
    「グミ・チョコレート・パイン」脚本・監督(原作:大槻ケンヂ)

    2009年
    「罪とか罰とか」脚本・監督

    2018年
    「北の桜守」(滝田洋二郎監督) 映画中演劇シーンの演出

TV

    :: 構成・脚本・演出 :::

    ドラマ
    2005年

    BSフジ「ガールミーツガール」 脚本・演出
    BSフジ「RUN AWAY GIRL 流れる女」監修

    2006年
    BSフジ「おいしい殺し方」脚本・監督
    テレビ朝日 金曜ナイトドラマ「時効警察」(第8話)脚本・監督

    2007年
    テレビ朝日 金曜ナイトドラマ「帰ってきた時効警察」(第4話) 脚本・監督

    2015年
    テレビ東京 ドラマ24「怪奇恋愛作戦」全12回 シリーズ監督・脚本

    ラジオドラマ
    NHK-FMシアター 劇作家シリーズ「虫歯とタクシー、その他の不幸」脚本

    ビデオ
    「やっぱり猫が好き 新作2001」(ポニーキャニオン)
    第二話「思い出せないこと」脚本

    バラエティ
    CX「でたらめ天使」
    NTV「ギグギャグゲリラ」
    NTV「笑いの巨人」脚本

CD

    KERA(ソロ)

    1985.7 愛のまるやけ
    1985.7 アニマルカフェ
    1986.3 展開図<EP>
    1986.6 RECORD<ピクチャーLP>
    1988.1 シャイコナボックス<ALBUM>
    1988.2 テレビのボリュームを下げてくれ<EP>
    1988.3 原色<LP>
    1988.3 上海雪<EP>
    1990.3 ナゴム全曲集<ベスト盤>
    2016.9 KERALINO SANDOROVICH MUSIC HOUR 2013<CD BOXセット>
    2016.1 Brown,White&Black<ALBUM>
    2016.8 12TH. STREET SWING~LIVE AT BILLBOARD TOKYO 20160313~<ALBUM>
    2019.5 LANDSCAPE<CD/LP ALBUM>
    2021.7 まるで世界<CD/LP フル・カヴァー・アルバム>

    ―――――

    有頂天
    1982年結成のニューウェイブ・バンド。1991年9月に解散。
    2014年12月21日、「ケラリーノ・サンドロヴィッチ ミューヂックアワー」にて再結成を発表。

    1983.11土俵王子<ALBUM>
    1983.5 有頂天<EP>
    1984.8 OLYMPIC<オムニバス>
    1985.12 心の旅<EP>
    1986.3 vegetable<EP>
    1986.5 BECAUSE<ALBUM>
    1986.6 はじまり<オムニバス>
    1986.9 ピース<ALBUM> ★メジャーデビュー作
    1986.9 BYE-BYE<EP>
    1986.12 べにくじら<EP>
    1987.5 テントの外のふたつの革命<EP>
    1987.6 AISSLE<ALBUM>
    1988.3 SEARCH FOR 1/3 BOIL<ALBUM>
    1988.11 GAN<ALBUM>
    1989.9 第4回 全日本フォークジャンボリー<2枚組オムニバスライブ>
    1989.10 SEARCH FOR 1/3 STOP! HAND IN HAND<ALBUM>
    1990.4 カラフルメリィが降った町<ALBUM>
    1990.10 オードリー・ヘプバーン泥棒<8cmCD>
    1990.11 でっかち<ALBUM>
    1991.12 SEARCH FOR 1/3 FIN<ALBUM>
    1992.9 ベジタブル有頂天1984〜1987<ベスト盤>
    2005.12 ナゴムコレクション<ベスト盤>
    2007.3 The very Worst of 有頂天<ベスト盤>
    2007.3 The Very Best of有頂天<ベスト盤>
    2015.6 lost and found<ALBUM>
    2016.12 カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ<ALBUM>

    ―――――

    No Lie-Sense
    鈴木慶一(ムーンライダーズ)とKERAが2013年に結成したユニット。
    No Lie-Sense公式HPはこちら

    1988.5 未来のラブ・オペレーション<EP> ※秩父山バンド名義
    2013.11 First Suicide Note<ALBUM>
    2016.4 Japan’s Period<ALBUM>
    2020.4 我等が世は<EP>
    2020.7 駄々録〜Dadalogue<ALBUM/LP>

    ―――――

    ケラ&ザ・シンセサイサーズ
    1995年にKERA(Vo.)と三浦俊一(G. and Syn.)を中心にバンドを結成。
    翌96年よりザ・シンセサイザーズとして活動を開始。
    2003年、バンド名を「ケラ&ザ・シンセサイザーズ」に改める。

    1998.4 ザ・シンセサイサーズ<ALBUM>
    2005.3 ナイト・サーフ<ALBUM>
    2006.6 隣の女<ALBUM>
    2007.3 15 ELEPHANTS<ALBUM>
    2010.12 Body and Song<ALBUM>
    2011.10 ザ・ベスト・オブ・ケラ&ザ・シンセサイザーズ<ベスト盤>
    2015.6 BROKEN FLOWER<ALBUM>

    ―――――

    LONG VACATION
    みのすけ(元・筋肉少女帯)、中野テルヲ(元・P-MODEL)、KERAによるポップスユニット。

    1992.8 Long Vacation’s Pop<ALBUM>
    1993.5 Summer Lovers<ALBUM>
    1994.7 Sunshine Note<ALBUM>
    1994.11 Manhole File<ALBUM>
    1995.3 Platinum Night<ALBUM>
    1995.4 Drive To The 21st Century<ALBUM>
    ・・・
    2012.8 LONG VACATION 20th Anniversary Collection vol.1<アーカイブシリーズ第一弾>
    2012.8 LONG VACATION 20th Anniversary Collection vol.2<アーカイブシリーズ第二弾>
    2012.8 LONG VACATION 20th Anniversary Collection vol.3<アーカイブシリーズ第三弾>
    2012.8 LONG VACATION 20th Anniversary Collection vol.4<アーカイブシリーズ第四弾>

    ―――――

    空手バカボン
    大槻モヨコ、内田雄一郎、ケラによる音楽ユニット。

    1983.9 バカボンのススメ
    1985.9 孤島の鏡
    1988.2 バカボンの頭脳改革
    1990.2 空手バカボン全曲集<ベスト盤>
    2005.8 ナゴムコレクション<2枚組ベスト盤>

LIVE

    2023年
    3月 KERA 還暦記念ライブ〜KERALINO SANDOROVICH 60th Birth Anniversary Live〜  恵比寿ザ・ガーデンホール
    4月 有頂天  渋谷ラ・ママ
    4月 KERA&Broken Flowers  渋谷ラ・ママ

    2022年
    『逃亡者K』解説トーク付き試聴会
    有頂天 結成40周年記念ワンマンライブ

MAGAZINE/BOOK

    ::: 書籍 :::

    1988年
    「ケラの遺言」(JICC出版局)

    1989年
    「私戯曲」(JICC出版局)

    1990年
    「ライフ・アフター・パンクロック」(JICC出版局)
    「スマナイ。」(JICC出版局)

    1995年
    戯曲「ウチハソバヤジャナイ」(ペヨトル工房)

    1998年
    戯曲「フローズン・ビーチ」(白水社)第43回岸田戯曲賞受賞作品

    1999年
    ポケモンえほん「ニャースとつきみそば」(小学館)作:犬山犬子 イラスト:KERA

    2000年
    戯曲「ナイス・エイジ」(白水社)

    2001年
    対談集「庵野秀明のフタリシバイ」(徳間書店スタジオジブリ事業本部)
    戯曲「カフカズ・ディック」(白水社)
    内田春菊責任編集「内田金玉(きんぎょく)」内コラム(イースト・プレス)

    2002年
    戯曲「すべての犬は天国へ行く」「テイク・ザ・マネー・アンド・ラン」(論創社)
    戯曲「室温〜夜の音楽〜」(論創社)7/30刊行 第5回鶴屋南北戯曲賞受賞作品

    2008年
    戯曲「わが闇」(論創社)

    2009年
    「労働者K」(角川学芸出版)
    「映画嫌い 『1980』から『罪とか罰とか』まで」(祥伝社)

    2012年
    戯曲 「ケラリーノ・サンドロヴィッチ 消失/神様とその他の変種 」(ハヤカワ演劇文庫 32)
    戯曲 「祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜」(白水社)

    2016年
    戯曲 「グッドバイ」(白水社)

    2018年
    戯曲 「ケラリーノ・サンドロヴィッチ2 百年の秘密/あれから」(ハヤカワ演劇文庫)
    戯曲 「修道女たち」(白水社)

    2019年 
    戯曲「ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~」(論創社)

    2020年 
    「ケラリーノ・サンドロヴィッチ自選戯曲集1 ナイロン100℃篇」(早川書房)
    「ケラリーノ・サンドロヴィッチ自選戯曲集2 昭和三部作篇」(早川書房)

    2021年 
    戯曲「ベイジルタウンの女神」(論創社)

    ーーーーーーーーーー

    ::: 連載 :::

    シアターガイド 演劇界の車窓から(エッセイ)
    キーボードスペシャル ケラとローングバケーション(インタビュー)
    演劇ぶっく「KERA総口撃」(対談)
    演劇ぶっく「KERAの生きバカ日誌“生きてはみてるけど”」(日記)1999.02〜2000.08
    せりふの時代(小学館)「コント合評会」2000.10〜2001.07
    せりふの時代(小学館)「センスオブナンセンス」2002.01〜2009.04
    夕刊フジ(コラム連載)2006.10〜2008.4
    東京新聞「風向計」2015.04~2017.10

OTHER

    ::: 受賞歴 :::

    1999 第43回岸田國士戯曲賞(ナイロン100℃『フローズン・ビーチ』にて)
    2000 東京都千年文化芸術祭優秀作品賞(ナイロン100℃『ナイス・エイジ』にて)
    2002 第1回朝日舞台芸術賞(『カフカズ・ディック』『すべての犬は天国へ行く』『ノーアート・ノーライフ』などの作・演出)
    2002 第5回鶴屋南北戯曲賞(『室温~夜の音楽~』にて)
    2002 第9回読売演劇大賞優秀演出家賞(『室温~夜の音楽~』にて)
    2007 第14回読売演劇大賞最優秀作品賞(『ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?』にて)
    2015 第40回菊田一夫演劇賞
       (ナイロン100℃『パン屋文六の思案~続・岸田國士一幕劇コレクション~』、
         KERA meets CHEKHOV vol.2/4『三人姉妹』の演出の成果に対して)
    2016 第23回読売演劇大賞最優秀作品賞、優秀演出家賞(KERA・MAP『グッドバイ』にて)
    2016 平成27年度(第66回)芸術選奨 文部科学大臣賞(KERA・MAP『グッドバイ』の成果により)
    2017 第51回紀伊國屋演劇賞個人賞(キューブ企画・製作『ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~』の作・演出、
                      世田谷パブリックシアター+KERA・MAP『キネマと恋人』の台本・演出に対して)
    2017 第68回読売文学賞 戯曲・シナリオ賞(『キネマと恋人』上演台本)
    2017 第24回読売演劇大賞最優秀演出家賞(『8月の家族たち August : Osage County』(Bunkamura、キューブ)にて)
    2017 第4回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞(『キネマと恋人』にて)
    2018 秋 紫綬褒章 受章
    2019 第26回読売演劇大賞最優秀作品賞(ナイロン100℃『百年の秘密』にて)、
                 優秀演出家賞(ナイロン100℃『百年の秘密』、KERA・MAP『修道女たち』にて)
    2021 第29回読売演劇大賞優秀作品賞(ケムリ研究室no.2『砂の女』にて)

    ::: 音楽家としての活動 ::: 

    1982年
    ニューウェイブバンド『有頂天』結成

    1986年
    『有頂天』ポニーキャニオンと契約。アルバム「ピース」でメジャーデビュー

    1988年
    秋元康のプロデュースした歌謡曲をコンセプトにソロアルバム「原色」を発表

    1990年
    東芝EMIへ移籍
    アルバム「でっかち」からのシングルカット「オードリー・ヘプバーン泥棒」が日糧チーズむしパンTV-CFソングに採用

    1991年
    みのすけ(元・筋肉少女帯)、中野テルヲ(元・P-MODEL)らと有頂天のイメージを一新したファッショナブルな新型ポップスユニット『LONG VACATION』結成
    同年、『有頂天』解散

    1992年
    LONG VACATIONでパ・リーグキャンペーンソング製作
    東芝EMIとメジャー契約。
    シングル「シェリーにくちづけ」がフジTV系「なるほどザ・ワールド」のエンディングテーマになる

    1995年
    4月初のベスト・アルバムである「DRIVE TO THE 21st CENTURY」(ファンハウス)リリース後、6年間の充電期間に入る

    1996年
    新ユニット『ザ・シンセサイザーズ』で活動

    2013年
    鈴木慶一氏と「No Lie-Sense」を結成

    2015年
    有頂天を再始動。

    ::: プロデューサーとしての活動 :::

    1983〜1989年
    自ら運営した個人レーベル「ナゴムレコード(後にナゴムカンパニー)より『たま』『筋肉少女帯』『カステラ』『ばちかぶり』『人生(後に電気グルーヴ)』などのレコードをリリース。 プロデュースした作品、ビデオは60作を超える

    1990年
    東京渋谷公会堂ほか、大阪、名古屋の3箇所で奇妙なイベント「なんとゆう」をプロデュース。出演は、たま、有頂天、スターリン等ロックグループ、爆笑問題、コロッケ等のお笑いグループとのジョイント

    1993年
    「TOKYO PORCUPINE COLLECTION」(アポロン)3部作をプロデュース 「SO NICE!!」(BMGビクター)オムニバスアルバムをプロデュース

    1998年
    ナゴムレコード(ロードランナージャパン)再開

    2005年
    「ナゴムコレクション」としてナゴムレコード全作CD化

    2007年
    「Inu Cafe」犬山イヌコソロアルバム

    2013年
    ナゴムレコード設立30周年を機に、鈴木氏と共同主宰で新生ナゴムレコードをスタート。

NEWSこのアーティストのニュース

  • 演劇

    ナイロン100℃ 48th...

    ナイロン100℃結成30周年公演第一弾 ナイロン100℃ 48th SESSION「Don't freak out」公演DVDが1...

  • 演劇

    KERA CROSS 第五...

    ケラリーノ・サンドロヴィッチの過去戯曲を才気溢れる演出家たちが異なる味わいで新たに創り上げる連続上演シリーズ「KERACROSS」...

  • 演劇

    ケラリーノ・サンドロヴィッ...

    2022年11月〜12月下北沢 本多劇場他各地で上演されたKERA・MAP #010『しびれ雲』のDVDが、9月22日より一般発売...

  • 演劇

    ケムリ研究室no.3『眠く...

    劇作家・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)と、緒川たまきの二人が主宰するユニット「ケムリ研究室」第三弾新作公演『眠く...

  • 演劇

    ケラリーノ・サンドロヴィッ...

    劇作家・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)が書き下ろし、2022年8月〜9月、Bunkamuraシアターコクーン他で...

  • 演劇

    ナイロン100℃ 48th...

    劇作家・演出家ケラリーノ・サンドロヴィッチが率いる劇団ナイロン100℃の結成30周年記念公演第一弾『Don't freak out...

  • ライブ

    KERA還暦記念ライブ チ...

    1982年の有頂天結成以来、演劇での創作と並行して、バンド、ユニット、ソロと、多岐に渡る音楽活動を継続してきたKERA 2023...

  • 演劇

    ケラリーノ・サンドロヴィッ...

    劇作家・演出家のケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)と、緒川たまきの二人が主宰するユニット「ケムリ研究室」の第三弾新作公演の上...