ARTISTアーティスト

島田 昌典SHIMADA MASANORI

CUBE

生年月日
1961年
出身地
大阪府

来歴

1961年大阪生まれ。小学校入学後、5年間ピアノを習う。

小学4年生の時、近所の中学生からビートルズを聴かされ、衝撃を受ける。

中学へ上がると共にピアノレッスンをやめ、友人と部屋にこもってのオープンリールとカセットデッキによる多重録音に夢中になる。

中学、高校時代は洋楽やフォークソングのカヴァー、オリジナル曲作り、さらにブラスバンドでユーフォニウムを担当するなど、地味な音楽生活を送っていた。レコーディングに興味を抱いたのはこの頃から。

大学では軽音楽部に入り、当時大ブームだったジャズフュージョンの洗礼を受ける。

その後「NANIWA EXPRESS」の青柳誠氏にピアノを師事し、同じくNANIWA EXPRESSの清水興氏率いる「HUMAN SOUL」に参加、自身のバンドや関西をベースにセッションワーク、アーティストサポート等、キーボーディストとして仕事を始め、22歳のときピアノトリオの演奏で初めてギャランティをもらう。

1990年
関西テレビのライブセッション番組「夢の乱入者」にレギュラー出演、ギタリストの渡辺香津美氏と出会う。メンバーは渡辺香津美g、清水興b、東原力哉d、島田昌典keyの4人。この「夢の乱入者」バンドを通し1997年の番組終了まで、数々のアーティストとのセッションで“名演”を体験する。1993年、渡辺香津美バンド「RESONANCE VOX」(渡辺香津美g、東原力哉d、バカボン鈴木b、ヤヒロトモヒロper)に参加。

平行してアレンジの面白さに目覚め、CMやアーティストの編曲を始める。

1991年
自身のユニットでSony Music Auditionでグランプリ受賞。これを機に東京へ活動拠点を移し、様々なセッションに参加、アーティストのサポートを始める。ムーンライダーズ白井良明氏のユニット、ジャズとサーフミュージックを融合した「サーフトリップ」(白井良明g、スカパラホーンズ、佐藤研二b、香取良彦vib、ジミー橋爪d)に参加、白井氏の数々のスタジオワークでキーボーディストとしても参加する。
1997年
aikoのインディーズアルバム2枚をサウンドプロデュース、メジャーデビュー後もサウンドプロデューサーとして多くの楽曲に関わる。
2001年
自身のプライベートスタジオ「Great Studio」を立ち上げ、鍵盤楽器をはじめギター、ベースなど数々のビンテージ楽器、録音機材を収集(特に復刻版メロトロンは島田サウンド必須のアイテム)。ここから数々のヒットソングを創作していった。

自身のルーツともいえるビートルズからのブリティッシュサウンド、サイケデリックサウンド、バンドサウンド、アメリカのルーツミュージック、ストリングスアレンジ、などなど、影響を受けた幅広い音楽からのスピリットを、自身のフィルターにかけて融合する、島田昌典ならではの「ひとひねりある」ポップサウンドは、今や多くのポピュラリティーを得て、特にアーティストから篤い支持を得ている。根っからの音楽好きで、根っからの音楽職人。楽器収集家でもあり、楽器演奏家でもある。今日もまた“新しい音”を求めて、こだわりの機材と共に、プロデュース、アレンジに没頭している。

<プロデュース、アレンジ アーティスト>
aiko、いきものがかり、秦基博、back number、JUJU、FUNKY MONKEY BABYS、YUKI、Chara、スガシカオ、真心ブラザーズ、YO-KING、
STARDUST REVUE、山下久美子、TOKIO、小泉今日子、中森明菜、小池徹平、中川翔子、奥華子、アンダーグラフ、矢井田瞳、馬場俊英、FLOW、SunSetSwish、メレンゲ、カラーボトル、NIKIIE、HAPPY BIRTHDAY、ひいらぎ、チュール、
カサリンチュ、吉田山田、阿部芙蓉美、矢野絢子、近藤晃央、
岡野宏典、片平里菜、おおたえみり、沢井美空、ケラケラ、岡本真夜、スキップカウズ、柳田久美子、石嶺聡子、河村隆一、森恵、ねごと、etc
(順不同、敬称略)

MORE...

BIOGRAPHYメディア/出演情報

  • CD
  • LIVE
  • OTHER
CD
LIVE

    ●音楽プロデューサー島田昌典活動30周年記念ライブ”いきものがかり・秦 基博・back number Present”
    「Great Studio Live at BUDOKAN」~バラスーシな奴らがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!

    日程:2014年11月4日(火)
    会場:日本武道館
    出演:いきものがかり、秦 基博、back number
    音楽監督:島田昌典
    Great Band:Piano島田昌典、Guitar八橋義幸、Bass根岸孝旨、Drums玉田豊夢、Keyboards皆川真人、Percussion朝倉真司、Strings真部裕ストリングス

OTHER

    ●「Real Sound」インタビュー掲載
    『鍵盤プレイヤーのいるバンドはなぜ増加? 音楽プロデューサー島田昌典に聞く、J-POPにおけるピアノが果たす役割』
    https://realsound.jp/2020/03/post-518446.html