ARTISTアーティスト

佐藤 史朗SATO SHIRO

CUBE

生年月日
7月31日
出身地
東京都
アコーディオニスト、キーボーディスト、コンポーザー
プラネタリウム オフィシャルサイト

来歴

大学卒業後、出版社の編集者を経て、音楽の道へ。
伊藤銀次バンドの後、関口誠人、中森明菜、森川美穂、加藤いづみ、
ウルフルズ、チェン・ミンらのステージやレコーディングにキーボーディストとして参加。
また、TVドラマ「トッカン」(日テレ)、映画「呪怨」、舞台「こどもの一生」「ダブリンの鐘つきカビ人間」
「ガマ王子VS ザリガニ魔人」「憑神」「8人の女たち」「PRESS〜プレス」など劇音楽の作曲も多い。
アコーディオン奏者としても自己のユニット「プラネタリウム」でCD、ライヴと活動を展開している。
1998年3月
佐藤史朗・榎本高でプラネタリウム結成。
1994年
加藤いづみのサウンドプロデュースに参加。独特の空気感を持つピアノを中心としたサウンドや、自由自在な世界を作り出す。コンポーズやアレンジは高い評価を得ている。
1996年
TBS系ドラマ『愛とは決して後悔しないこと』のオリジナルサウンドトラックを担当
1997年
映画『恋は舞いおりた』(出演:唐沢寿明、江角マキコ、他)音楽を担当。
1998年
舞台『こどもの一生』(パルコ・リコモーション提携公演)
1999年
舞台『ホスピタル』『プラスチック・ヘブン』(G2プロデュース)の音楽を担当。さらに、CM「メナード 薬用ビューネ」の音楽を担当。益々、活動の場を広げている。
2000年
舞台『ALL AROUND MOTHER』で再演を含め4公演の音楽を全て担当という離れ業を遣り遂げる。また生瀬勝久作、明石家さんま主演の舞台『七人ぐらいの兵士』他、『人間風車』、など数多くの舞台音楽の制作を手掛けている。
2002年
5月:舞台『ダブリンの鐘つきカビ人間』(G2プロデュース。出演:水野真紀、大倉孝二 他)音楽を担当。
8月:舞台『おじいちゃんの夏』(G2プロデュース・出演:小沢真珠、佐藤史朗、他)アコーディオン演奏で出演。
2003年
1月:舞台『人間風車』
(G2プロデュース・出演:永作博美 入江雅人 河原雅彦 他)の音楽を担当。
1月公開 映画 東映系『呪怨』(出演:奥菜恵、伊東美咲、他)の音楽を担当。
6月:舞台『ゴーストライター』(G2プロデュース、出演:三上市朗、関秀人 他)の音楽を担当。
8月:舞台 川下大洋劇ゴーゴーハリケーン#3『パラレリ』テーマ曲に佐藤史朗のユニットであるプラネタリウムの「トラブルメーカー」(CD Planetarium Ⅱに収録)が使用される。
公開 映画 東映系『呪怨2』(出演:酒井法子、新山千春 他)の音楽を担当。
映画『呪怨』『呪怨2』のサウンドトラック発売。
12月:プラネタリウムワンマンライヴ 会場:吉祥寺MANDA-LA2
舞台『止まれない12人』
(G2プロデュース・出演:岡田義徳、曽世海児、他)の音楽を担当。
2004年
3月:舞台 キューブ&日本テレビ制作『JOKER』(出演:明石家さんま、生瀬勝久、他)の音楽を担当。
5月:プラネタリウム3rdアルバム「NEWS」リリース。
CD発売記念ワンマンライヴ 会場:吉祥寺MANDA-LA2
7月:舞台『MIDSUMMER CAROL〜ガマ王子VSザリガニ魔人〜』(G2プロデュース・出演:伊藤英明、長谷川京子、他)の音楽を担当。
9月:舞台G2プロデュース♯8『痛くなるまで目に入れろ』(出演:山内圭哉、曽世海児、他)の音楽を担当。
10月:cubit club presents「musicube vol.1」瓜生明希葉、キーボードでサポート。
12月:瓜生明希葉1stアルバム「キャメレオン」アレンジ。
2005年
1月:映画『雨より切なく』(出演:田波涼子、西島秀俊、他)の音楽を担当。
2月:プラネタリウムワンマンライヴ『No Border,No Limits #1』会場:吉祥寺MANDA-LA2
3月:舞台『キャンディーズ〜キャンディーみたいな石鹸を作りたかった男たちの夢と恋〜』(G2プロデュース・出演:須藤理彩、山西惇、他)の音楽を担当。
8月:舞台『おじいちゃんの夏』(G2プロデュース)アコーディオン演奏で出演。
10月:プラネタリウムワンマンライヴ『No Border,No Limits #2』 会場:吉祥寺MANDA-LA2
2006年
4月〜6月:加藤いづみ ライブツアー「06〜春のゆめ〜」にプラネタリウムとして参加。
7月:プラネタリウム4thアルバム「No Border」リリース。
CD発売記念ワンマンライヴ『No Border,No Limits #3』会場:南青山MANDA-LA
8月:舞台『小鹿物語』(WOWOW presents・出演:明石家さんま、生瀬勝久、他)の音楽を担当。
9月:舞台『魔界転生』(G2プロデュース・出演:中村橋之助、成宮寛貴、他)の音楽を担当。
10月:舞台『JAILBREAKERS〜ジェイルブレイカーズ〜』(G2プロデュース・出演:松岡昌宏、他)の音楽を担当。
2007年
1月:加藤いづみ ライブツアー「今日までの私、明日からの君」に参加。
プラネタリウムワンマンライヴ『No Border,No Limits #4』 会場:吉祥寺MANDA-LA2
2月:舞台『地獄八景・浮世百景』(G2プロデュース・出演:佐藤アツヒロ、高橋由美子、他)の音楽を担当。
3月:舞台『橋を渡ったら泣け』(作:土田英生・演出:生瀬勝久・出演:大倉孝二、奥菜恵、他)の音楽を担当。
6、7月:舞台『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』(作:リリー・フランキー・演出:G2プロデュース・出演:萩原聖人、加賀まりこ、他)の音楽を担当。
9、10月:舞台『憑神』(作:浅田次郎・演出:G2・出演:中村橋之助、鈴木杏、升毅、他)の音楽を担当。
2008年
2月:プラネタリウムワンマンライヴ『No Border,No Limits #5』 会場:吉祥寺MANDA-LA2
舞台 AGAPE STORE#12『からっぽの湖』(作:桝野幸宏・演出:G2プロデュース・出演:松尾貴史、片桐仁、田中美里、他)の音楽を担当。
3、4月:舞台『MIDSUMMER CAROL〜ガマ王子vsザリガニ魔人』再演(G2プロデュース、出演:吉田鋼太郎、新妻聖子、春風亭昇太、他)の音楽を担当。
5月:プラネタリウムワンマンライヴ『No Border,No Limits #6』 会場:南青山MANDALA
6月:舞台『A MIDSUMMER NIGHT DREAM 〜THEじゃなくてAなのが素敵〜』(G2プロデュース、出演:山内圭哉、竹下宏太郎、神田沙也加、他)の音楽を担当。
10月:『2008 Autumn プラネタリウム・ワンマン・ライヴ』 会場:池袋鈴ん小屋
2009年
2月:舞台 AGAPE STORE#13『テーブル・マナー 〜週末の食卓は修羅場〜』(上演台本:桝野幸宏・演出:G2プロデュース出演:松尾貴史、大和田美帆、柳浩太郎、他)の音楽を担当。
プラネタリウムワンマンライヴ『No Border,No Limits #7』 会場:南青山MANDA-LA
5、6月:舞台 北九州芸術劇場Produce『江戸の青空〜Keep On Shackin’〜』(作:千葉雅子・演出:G2プロデュース・出演:西岡徳馬、須藤理彩、中村まこと、他)の音楽を担当。
9月:舞台 GEORGIA presents『ワルシャワの鼻』(作:生瀬勝久・演出:水田伸生・出演:明石家さんま、生瀬勝久、羽野晶紀、他)の音楽を担当。
11月:『プラネタリウム ワンマンライヴ2009〜秋の蛇腹パトロール 〜』 会場:南青山MANDALA
12、1月:舞台『Nine』(作・演出:G2プロデュース・出演:松岡充、貴城けい、新妻聖子、他)の音楽を担当。
2010年
2、3月:舞台 AGAPE STORE 最終公演『残念なお知らせ』(劇作 脚本:桝野幸宏・演出:G2プロデュース・出演:松尾貴史、片桐仁、新谷真弓、他)の音楽を担当。
3、4月:舞台『相対的浮世絵』(作:土田英生・演出:G2・出演:平岡祐太、袴田吉彦、安田顕、内田滋、西岡徳馬)の音楽を担当。
10月:『プラネタリウム ワンマンライヴ2010~初夏の蛇腹パトロール~』 会場:南青山MANDALA
7月:舞台『四畳半ブルース』(作・演出:竹下宏太郎・出演:竹下宏太郎、福田転球、遠藤久美子)の音楽を担当。
8、9月:舞台『W〜ダブル』(演出・上演台本:G2・出演:橋本さとし、中越典子、堀内敬子、他)の音楽を担当。
11月:舞台『押忍!!ふんどし部!』(演出:河原雅彦・出演:木戸邑弥、川原一馬、海老澤健次、他)の音楽を担当。
『プラネタリウム・ワンマンライヴ 2010』 会場:曙橋バックインタウン
12、1月:舞台『COCO』(演出:G2・出演:鳳蘭、彩吹真央、岡幸二郎、他)の音楽を担当。
2011年
5月:『プラネタリウム・ワンマンライヴ〜2011春の蛇腹パトロール〜』 会場:曙橋バックインタウン
11、12月:舞台『江戸の青空 弐〜惚れた晴れたの八百八町〜』(演出:G2、出演:板東巳之助、植本潤、松尾貴史、他)の音楽を担当。
12、1月:舞台『8人の女たち』(演出:G2・出演:浅野温子、加賀まりこ、大地真央、他)の音楽を担当。
2012年
1月:舞台『押忍!!ふんどし部!』再演(演出:河原雅彦・出演:木戸邑弥、川原一馬、海老澤健次、他)の音楽を担当。
2、3月:舞台『PRESS〜プレス〜』(演出:水田伸生、出演:明石家さんま、生瀬勝久、相武紗季、他)の音楽を担当。
4月:舞台『合唱ブラボー!』(作:東野ひろあき、演出:井関佳子、出演:橋本真一、他)の音楽を担当。
6月:『プラネタリウム・ワンマン”祝CD発売”ライヴ〜2012初夏の蛇腹パトロール〜』 会場:曙橋バックインタウン
7〜9月:日本テレビ系ドラマ『トッカン』(出演:井上真央、北村有起哉、他)のサウンドトラックを担当。
10月:舞台『PRESS〜プレス〜』(演出:水田伸生、出演:明石家さんま、生瀬勝久、相武紗季、他)大阪公演の音楽を担当。
11月:『プラネタリウム・ワンマンライヴ〜2012晩秋の蛇腹パトロール〜』 会場:曙橋バックインタウン
12月:舞台『助太刀屋助六外伝』(作・演出:G2、出演:市川猿之助、朝海ひかる、吉沢悠、他)の音楽を担当。
2013年
2月:舞台『押忍!!ふんどし部!』再々演(演出:清水宏・出演:白洲迅、川原一馬、海老澤健次、他)の音楽を担当。
3月:『プラネタリウム・ワンマンライヴ2013〜早春の蛇腹パトロール〜』 会場:曙橋バックインタウン
4月〜:ドラマ『押忍!!ふんどし部!』(テレビ神奈川、TOKYO-MX他、地方番販局)の音楽を担当。
4、5月:舞台『3軒茶屋婦人会5「ブライダル」』(演出:G2&3軒茶屋婦人会・出演:篠井英介、深沢敦、大谷亮介)の音楽を担当。
6月:舞台『合唱ブラボー!〜ブラボー大作戦〜』(演出:井関佳子・出演:河原一馬、他)の音楽を担当。
6、7月:ミュージカル『シルバースプーンに映る月』(G2プロデュース)アコーディオン演奏で出演。
7月:『プラネタリウム・ワンマンライヴ2013 〜真夏の蛇腹パトロール〜』 会場:曙橋バックインタウン
9月:舞台『続!! 押忍!!ふんどし部!』(演出:河原雅彦・出演:木戸邑弥、川原一馬、海老澤健次、他)の音楽を担当。
10月:『プラネタリウム・ワンマンライヴ 〜2013秋の蛇腹パトロール〜』 会場:曙橋バックインタウン
11月:『プラネタリウム・ワンマンライヴ2013 〜晩秋の蛇腹パトロール〜』 会場:三軒茶屋GRAPEFRUIT MOON
2014年
1月〜:ドラマ『押忍!!ふんどし部! シーズン2 〜南海怒濤篇〜』(テレビ神奈川、他、地方番販局)の音楽を担当。
1月:舞台『コンダーさんの恋 〜鹿鳴館騒動記〜』(作・演出:G2・出演:大地真央、牧瀬里穂、他)の音楽を担当。
1、2月:ミュージカル『シャーロックホームズ〜アンダーソン家の秘密〜』(演出:板垣恭一・出演:橋本さとし、一路真輝、他)の音楽監督を担当。
また、アコーディオン演奏で出演。
2月:舞台『Paco〜パコと魔法の絵本〜from「ガマ王子VSザリガニ魔人」』(演出:G2・出演:吉田栄作、谷花音、他)の音楽を担当。
4月:『プラネタリウム・ワンマンライヴ~2014春の蛇腹パトロール~』 会場:曙橋バックインタウン
8月:舞台『ガラスの仮面』(演出:G2・出演:貫地谷しほり、浜中文一、小西遼生、一路真輝、他)の音楽を担当。
9月:『プラネタリウム・ワンマンライヴ~2014秋の蛇腹パトロール~』 会場:曙橋バックインタウン
10、11月:舞台『夫が多すぎて』(演出:板垣恭一・出演:大地真央、石田純一、中村梅雀、他)の音楽を担当。
12月:『プラネタリウム・ワンマンライヴ2014 ~年末の蛇腹パトロール~』 会場:吉祥寺曼荼羅
2015年
2月:『プラネタリウム・ワンマンライヴ~2015新春の蛇腹パトロール~』 会場:曙橋バックインタウン
4、5月:ミュージカル『シャーロック ホームズ2 ~ブラッディ・ゲーム~』(演出:板垣恭一・出演:橋本さとし、一路真輝、他)の音楽監督を担当。また、アコーディオン演奏で出演。
7月:音楽劇『ライムライト』(演出:荻田浩一)アコーディオン演奏で出演。
7、8月:舞台『七人ぐらいの兵士』(演出:水田伸生・出演:明石家さんま、生瀬勝久、他)の音楽を担当。
10月:『プラネタリウム・ワンマンライヴ2015』 会場:曙橋バックインタウン
2016年
3月:『プラネタリウム・ワンマンライヴ2016』 会場:曙橋バックインタウン
9月:舞台『ガラスの仮面』(演出:G2・出演:貫地谷しほり、浜中文一、小西遼生、一路真輝、他)の音楽を担当。
11月:『プラネタリウム・アコースティック・ライヴ 2016Autumn』 会場:曙橋バックインタウン
2017年
1、2月:TWENTIETH TRIANGLE TOUR『戸惑いの惑星』(演出:G2・出演:坂本昌行、長野博、井ノ原快彦)アコーディオン演奏で出演。
4月:『プラネタリウム・ワンマンライヴ2017 with チェンミン』 会場:曙橋バックインタウン
9月:プラネタリウム 会場:吉祥寺MANDA-LA2
10月:プラネタリウム「Art Rock Summit」 会場:吉祥寺シルバーエレファント
12月:『プラネタリウム・ワンマンライヴ 2017 Winter』 会場:曙橋バックインタウン
2018年
5月:「プラネタリウム・ワンマンライヴ 2018」 会場:曙橋バックインタウン
6月:「RJGB 10th Anniversary ~音楽的好奇心が擽られてナイス・ナイト!~」 会場:吉祥寺Rock Joint GB
【作曲・編曲】
加藤いづみ、八神純子、太田貴子、TBSドラマ「愛とは決して後悔しないこと」サウンドトラック、
映画「恋は舞い降りた」等
【舞台】
「子供の一生」(’98)、「ホスピタル」、「プラスチックヘブン」(’99) 「プラシーボ・デパート」
「スイート・フラジャイル」
「ジャンキースクエア」「シャイバン」(’00)
【Recording】
加藤いづみ、チェンミン、ウルフルズ、川崎真理子、中村あゆみ、伊藤銀次、高橋研、ユースケ・サンタマリア 等
【CONCERT,TOUR,etc】
加藤いづみ、チェンミン、関口誠人、森川美穂、平松愛理、伊藤銀次、中森明菜 等
【プラネタリウムBiography】
:::アコーディオン・ユニット「プラネタリウム」:::
プラネタリウムは、佐藤史朗(アコーディオン)による、アコーディオンを中心としたインストゥルメンタル・ユニットです。
そのサウンドは、ミュゼットやテックス・メックス、トラッド・ミュージックやタンゴといった、いわゆる伝統的なアコーディオン・ミュージック
ではありません。そういった音楽の要素も吸収しながら、メンバーの音楽的バックボーンでもある、骨太のロック・スピリッツに裏打ちされた独自のサウンド
「プラネタリウム・ワールド」を目指しています。
プラネタリウム・ワールドの最大のテーマは「愛」です。しかし単純に柔らかく甘い愛だけを奏でたいとは思っていません。
行き先の見えない世界情勢、国内の経済・社会問題など、われわれを取り巻く環境はさまざまな歪みを持っています。
そういう「亀裂」「ねじれた空気」を、音楽という感覚的な形で表現し、問題提起をしていきたいとも考えています。
歪みの中にこそ真実の愛があるような気もするから・・・。
1998年3月
佐藤史朗・榎本高でプラネタリウム結成。
1999年4月
1st CD「Planetarium I」発表。
2000年8月
自由が丘SOUND FESTIVAL 2000にてライヴ・デビュー。
2000年11月
吉祥寺MANDA-LA2にてライヴ活動開始。以降、3ヶ月に1度のペースで同ライヴハウスに出演。
2001年6月
2nd CD「Planetarium II」発表。加藤いづみをゲストに迎えてワンマン・ライヴを吉祥寺MANDA-LA2にて開催。
2002年
3月:チェン・ミンをゲストに迎えてワンマン・ライヴを吉祥寺MANDA-LA2にて開催。
6月:タテヤマユキとのジョイント・ライヴ「Twin Accordion Night」を開催。
12月:横浜赤レンガ倉庫にてcoba主催のイベント「Bellows Lovers Night vol.2」に出演。
2003年
1〜12月:吉祥寺MANDA-LA2に加え、三軒茶屋GrapefruitMoon、大久保Hot Shotなどに出演場所を拡大。隔月ペースでライヴを行う。
12月:横浜赤レンガ倉庫にてcoba主催のイベント「Bellows Lovers Night vol.3」に出演。
2004年
1月:タテヤマユキとのジョイント・ライヴ「Twin Accordion Night vol.2」を開催。
5月:横浜クィーンズパーク野外イベント「at! music oasis ’04」に出演。3rd CD「NEWS」発表。
CD発売記念ワンマン・ライヴを吉祥寺MANDA-LA2にて開催。
8月:愛媛県今治市で毎年行われるイベント「今治Jazz Town」に出演。
12月:横浜赤レンガ倉庫にてcoba主催のイベント「Bellows Lovers Night vol.4」に出演。
2005年
2月:ワンマン・ライヴ「No Border,No Limits #1」を吉祥寺MANDA-LA2にて開催。
8月:愛媛県今治市で毎年行われるイベント「今治Jazz Town」に出演。
2006年
4〜6月:加藤いづみ「ツアー’06〜春のゆめ〜」にプラネタリウムとして参加。
7月:4nd CD「No Border」発表。加藤いづみをゲストに迎えてワンマン・ライヴを南青山MANDA-LAにて開催。
2007年
1月:ワンマン・ライヴ「No Border,No Limits #3」を南青山MANDA-LAにて開催。
3月:横浜赤レンガ倉庫にてcoba主催のイベント「Bellows Lovers Night vol.6」に出演。ドイツHypertension Musicより欧州盤CD
PLANETARIUM「tenshogi/天象儀」リリース。
11月:ワンマン・ライヴ「No Border,No Limits #4」を吉祥寺MANDA-LA2にて開催。
2008年
英国音楽誌「ROCK’n’REEL」に欧州盤CDが推薦アルバムとして掲載される。
4月:横浜赤レンガ倉庫にてcoba主催のイベント「Bellows Lovers Night vol.7」に出演。
5月:ワンマン・ライヴ2008「No Border、No Limits #6」を南青山MANDA-LAにて開催。
10月:「2008 Autumn プラネタリウム・ワンマン・ライヴ」を池袋・鈴ん小屋にて開催。
2009年
榎本高(bass)が正式メンバーの枠からはずれ、相互にとってより自由な活動形態をとることになる。
2月:ワンマン・ライヴ2009「No Border、No Limits #7」を南青山MANDA-LAにて開催。
9月:ワンマン・ライヴ2009を吉祥寺MANDA-LA2にて開催。
11月:ワンマン・ライヴ2009「秋の蛇腹パトロール」を南青山MANDA-LAにて開催。
2010年
6月:ワンマン・ライヴ2010「初夏の蛇腹パトロール」を南青山MANDA-LAにて開催。
10月:ワンマン・ライヴ2010を曙橋バックインタウンにて開催。
2011年
5月:ワンマン・ライヴ2011「春の蛇腹パトロール 」を曙橋バックインタウンにて開催。

MORE...

BIOGRAPHYメディア/出演情報

  • CD
  • LIVE
  • OTHER
CD

    ●おじいちゃんの夏 〜サウンドトラック〜 1,429円(税抜)
    【収録曲】
    1.〜メダカと夕涼み〜 
    2.おじいちゃんの夏 
    3.マイムマイム 
    4.うちのカレーライス   
    5.〜少しだけ雨宿り〜   
    6.ヒグマのツラにハチミツ
    7.積乱雲とダンス
    8.〜あぜ道のワルツ〜
    9.線香花火のように
    10.八月の忘れ物
    11.おじいちゃんの夏(reprise)

    ●「MIDSUMMER CAROL 〜ガマ王子VSザリガニ魔人〜」 1,714円(税抜) 1,800円(Tax-in)
    サウンドトラック《2004年7〜8月公演》
    【収録曲】
    1.黄金色の池で
    2.ガマ王子VSザリガニ魔人
    3.お時間よろしいですか?
    4.おやすみ
    5.涙を止める方法
    6.やけ酒の夜
    7.ポスターだらけの部屋
    8.ガマ王子VSザリガニ魔人(楽団バージョン)
    9.ザリガニ魔人登場
    10.雨上がりの池

    ●「ダブリンの鐘つきカビ人間」サウンドトラック 1,714円(税抜)1,800円(Tax-in)
    《2002年4〜5月公演》

    ●「人間風車」サウンドトラック 1,714円(税抜)1,800円(Tax-in)
    《2000年11〜12月,2003年1〜2月公演》

    ★cubit club オンラインショップにて発売中!

    【プラネタリウム CD】
    ●1st Album「Planetarium I」1999年4月発表 ENNE-4656 1,905円(税抜)
    【収録曲】
    1.Dusky
    2.Lapis Luzuli
    3.Midsummer Barbecue
    4.Gnossienne
    5.F

    ●2nd Album「Planetarium II」 2001年6月発表 ENNE-4657 1,905円(税抜)
    【収録曲】
    1.Lunatic Dancer
    2.Trouble Maker
    3.Deserted City
    4.Precious Love
    5.Farewell

    ●3rd Album「NEWS」 2004年5月発表 ENNE-4658 1,905円(税抜)
    【収録曲】
    1.香り
    2.Dandy Deceiver
    3.影切り森
    4.Why?
    5.Dolls
    6.犯人は誰だ?

    ●4th Album「No Border」 2006年7月12日発表 Qbix-19 1,905円(税抜)
    【収録曲】
    1.Dead Line
    2.No Border
    3.ガマ王子vsザリガニ魔人
    4.Because
    5.サルタン怒りの理由
    6.時の流れ 心のよどみ
    7.Good Night

    《coba(アコーディオニスト)さんからの紹介文》
    力強いバンド・サウンドで、プラネタリウムが生まれ変わった。
    今回のアルバムは、従来の斬新なプラネタリウムのサウンドから、
    ドラム・ベース・エレキギターとアコーディオンによる
    セッション感溢れる音作りが主軸になっている。
    全曲、佐藤史朗君のオリジナルで構成され、シンプルな編成の中に、
    そのサウンド クリエイターとしての才能が発揮されている。
    彼らのサウンドが今後どう進化していくのか目が離せない。>

    ●欧州盤CD「天象儀」ドイツHypertension Musicよりリリース
    【収録曲】
    01. Dead Line
    02. Prince Gama Vs Demon Crayfish
    03. Kaori09. Dandy Deceiver
    04. Hannin Wa Dare Da – Who Is The Offender?
    05. Why The Sultan Got So Angry
    06. Dolls
    07. Why?
    08. Midsummer Barbecue
    10. Kagekiri Mori – The Forest Of The Shadows
    11. Lapis Lazuli
    12. Good Night
    13. F

    アルバム・タイトルは「tenshogi/天象儀」

    ●5th Album「KARAPPO」 2012年5月9日発売 Qbix-28 2,381円(税抜)
    【収録曲】
    01.TVレポーター
    02.KARAPPO
    03.小さな自分
    04.クオリアの警告
    05.暗黒病棟
    06.頑張れ!職人
    07.プラネタリウム
    08.プロムナード〜展覧会の絵
    09.Shackin’ Bird
    10.残念なお知らせ
    11.フォークソング Part1〜2
    12.引き出しの奥の手紙

    欧州発売盤『tenshogi/天象儀』(’07)に続く、新生プラネタリウムのフル・アルバム『KARAPPO』。
    『プロムナード〜展覧会の絵』を含む全12曲を収録。
    5台のアコーディオンを使い分けた、各楽曲のユニークな旋律とサウンドが聴き所。
    短編小説集のような、示唆に富んだ珠玉のアコーディオン・ポップ・ミュージック集です

    リリース情報がHypertension MusicのHPに掲載。
    http://www.hypertension-music.de/index.html
    My Spaceにプラネタリウムがアップされています。
    My Spaceプラネタリウム

    ★プラネタリウムオフィシャルサイトでご購入いただけます
    http://p-um.com/

LIVE

    ●分離派書房 1stワンマンライヴ 〜2020 autumn〜
    9/24(木)曙橋バックインタウン
    詳細はこちら http://p-um.com/info/diary.cgi

OTHER