ARTISTアーティスト

いとうせいこうITO SEIKO

CUBE

生年月日
1961年3月19日
出身地
東京都
身長
170cm
体重
63kg
いとうせいこうフェス
WATCH SEIKO

MORE...

来歴

1984年早稲田大学法学部卒業後、講談社に入社。
86年に退社後は作家、クリエーターとして、
活字/映像/舞台/音楽/ウェブなど、
あらゆるジャンルに渡る幅広い表現活動を行っている。

学生時代より舞台活動として「ドラマンス」に参加。
その発展形として、85年より宮沢章夫、シティーボーイズ、中村有志、竹中直人らと 演劇ユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」を結成。
講談社に入社後は、「ホットドッグプレス」誌で企画した『業界くん物語』が話題となる。
その後、「ノーライフキング」「解体屋外伝」などの小説や、講談社エッセイ賞を受賞した「ボタニカル・ライフ」などの著作を発表。
音楽家としてもジャパニーズヒップホップの先駆者として活躍し、カルチャーシーン全般に影響を与えた。

盟友・みうらじゅん氏とは共作「見仏記」シリーズで新たな仏像の鑑賞を発信し、武道館を超満員にするほどの大人気イベント「スライドショー」をプロデュースするなど、常に先の感覚を走り創作し続けるクリエーター。

TVのレギュラー出演にEX「シルシルミシルさんデー」Eテレ「ビットワールド」TBS「オトナ の!」がある。
また、09年ロロロに加入するなど近年音楽活動にも意欲的にとり組んでいる。

2012年現在、たいとう観光大使を務め、「したまちコメディ映画祭in台東」の実行委員でもある。

MORE...

BIOGRAPHYメディア/出演情報

  • THEATER
  • CD
  • LIVE
  • MAGAZINE/BOOK
THEATER

    1985年~1989年
    今までになかった、全く新しいギャグ・ユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」にシティーボーイズ、中村ゆうじ、竹中直人らと共に参加。1985〜89年まで活動

    1992年
    著書「ゴドーは待たれながら」の一人芝居(役者:きたろう)を演出

    1995年〜1998年
    「シティボーイズ・ライブ」に中村有志と共に95〜98年まで構成&出演で参加

    1997年
    シティボーイズ三鷹公演、フジテレビ・アナウンサーによる朗読会98年「ラヴシーン3」、 99年「ラヴシーン4」などの構成/演出等を努める。

    2000年
    国立劇場2000年8月特別公演「新しい伝統芸能-怪しの世界-」で野村万作、萬斎親子共演による狂言「鏡冠者」の作を努め、現在も野村氏の各地公演で幾度も再演されている。

    2002年
    2002年に日本を代表する笑いの劇作家(別役実、井上ひさし、筒井康隆、ケラリーノ・サンドロヴィッチ)各氏と 新しくモダンな東京の笑演劇を実践する舞台公演「空飛ぶ雲の上団五郎一座」をラフォーレ原宿にて旗揚げ。 いとうは脚本/総合演出/出演を務める。 2004年には、第二回公演「キネマ大作戦」をシアターアプルにて行う。

    2006年
    「シティボーイズミックス・ライブ」に5年ぶりに構成&出演で参加。

    2007年
    「レミゼラブ・ル」脚本・演出がブルースカイのため、初の役者のみの立場で出演。

CD

    アルバム「業界くん物語」(1985発売/東芝EMI)

    アルバム「建設的」(1986・1991CD再発/ ポニーキャニオン)

    12インチEP「BODY BLOW」 (1986・1991CD再発/ポニーキャニオン)

    CDアルバム「MESS/AGE」(1989/アストロネーション・レーベル)

    CDアルバム「SUBLIMINAL CALM」(1992/ビクター ※SUBLIMINAL CALMは藤原ヒロシとのユニット)

    CDアルバム「OREDESM」(1992/ソニー)

    CDアルバム「The Vaginals」(1994/東芝EMI ※選曲/監修で参加)

    「カゼアナ」(2008) ※いとうせいこう&POMERANIANS≡名義

    「JUST A ROBBER 1」(2008) ※JUST A ROBBER名義

    「ミュンマー軍事政権に抗議するポエトリーリーディング」  いとうせいこう FEAT.KAN TAKAGI・DJ BAKU・DUB MASTER X(2008)

    「ミュンマー軍事政権に抗議するポエトリーリーディング QUIET」  いとうせいこう・沢知恵・DUB MASTER X(2009)

    THE DUB FLOWER「WORLD HAPPINESS」(2009)

    いとうせいこう & Tinnie Punx/Subliminal Calm  「TOKYO SUITE Selected by NIGO」(2009)

    ロロロ「everyday is a symphony」(2009)

    ロロロ「CD」(2011)

LIVE
MAGAINE/BOOK

    小説
    「ノーライフキング」(1988/新潮社、91/新潮文庫)
    「ワールズ・エンド・ガーデン」(1991/新潮社、94/新潮文庫)
    「解体屋外伝」(1993/講談社、96/講談社文庫)
    「波の上の甲虫」(1995/求龍堂、98/幻冬舎文庫)
    「豊かに実る灰」(1996/マガジンハウス)
    「BACK 2 BACK」(2012/河出書房新社  ※佐々木中氏共作)

    短編小説
    「ハプニングみたい」(1992/講談社 2002/講談社コミックス ※岡崎京子氏共作)
    「去勢訓練」(1997/太田出版)

    紀行文
    「からっぽ男の休暇」(1991/講談社、94/講談社文庫)
    「見仏記」(1993/中央公論社、97/角川文庫※みうらじゅん氏共作)
    「秘 見仏記」(1995/中央公論社、99/角川文庫※みうらじゅん氏共作)
    「スキヤキ」(1995/集英社)
    「岩だらけの懐かしい星」(1996/角川書店)
    「見仏記 海外篇」(1998/角川書店、00/角川文庫※みうらじゅん氏共作)
    「見仏記 親孝行篇」(2002/角川書店、05/角川文庫※みうらじゅん氏共作)
    「見仏記 ゴールデンガイド篇」(2009/、11/角川書店※みうらじゅん氏共作)
    「見仏記 ぶらり旅篇」(2011/角川書店※みうらじゅん氏共作)

    コラム/エッセイ集
    「コンビニエンス物語」(1990/太田出版、92/新潮文庫 ※泉麻人氏共著)
    「ワールド アトラス」(1990/太田出版、97/幻冬舎文庫)
    「全文掲載」(1992/新潮社、95/新潮文庫)
    「ボタニカルライフ-植物生活-」(1999/紀伊國屋書店、2004/新潮文庫 ※第15回講談社エッセイ賞受賞)
    「職人ワザ!」(2005/新潮社、08/新潮文庫)
    「自己流園芸ベランダ派」(2006/毎日新聞社)
    「江戸のセンスー職人の遊びと洒落心」(2009/集英社新書) ※荒井修氏共著作

    児童文学
    「難解な絵本」(1990/角川書店、93/角川文庫)
    「アタとキイロとミロリロリ」(1994/幻冬舎、98/幻冬舎文庫)

    翻訳文学
    「セケン・ムナサンヨー」(1992/角川書店)
    「マルクス・ラジオ」(1995/角川書店)

    対談集
    「西麻布ダンス教室」(1994、98増補新版/白水社※桜井圭介、押切伸一氏共著)
    「世紀末は世紀末か」(1995/早川書房 ※赤間啓之氏共著)
    「ダンシングオールナイト」(1998/NTT出版※桜井圭介、押切伸一氏共著)
    「他流試合」(2001/新潮社、金子兜太氏共著)
    「文芸漫談-笑うブンガク入門-」(2005/集英社)
    「プランツ・ウォーク 東京道草ガイド」(2011 /講談社※柳生真吾氏共作)

    戯曲集
    「ゴドーは待たれながら」(1992/太田出版)

    コント集
    「幻覚カプセル」(1992/扶桑社)

    その他
    「禅絵魂」(2000/小学館 ※川崎ぶら共著)
    「小説版 未来日記」(2000/ソニーマガジンズ ※監修で参加)
    「怪しの世界」(2001/紀伊国屋書店、共著)
    「うんちくブック」(2003/双葉社、監修で参加)
    「熱血スペシャ中学公認教科書 おませさん」(2004/双葉社、監修で参加)